ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

【ミニマリストの第一歩】スッキリ感を出す為のマルジェラ的ホワイト化計画〈6〉

今治でスッキリした暮らしを目指す私が、悩みながら自宅をホワイト化します。

生活感が出る理由は「色」

物は捨てた。でもなんだかスッキリしないぞ。

自宅のたくさんの物を捨てて部屋が片付いてきました。

でもまだ生活感があります。

いろいろ考えた結果、色が多すぎることが原因だと気づきました。

もし家の中の色が減ると、視界から入ってくる情報が減り、

よりクリエイティブなアイディアが生まれるのではないかと思ったのです。

そしてこの考え方をファッション好きの友達に話すと

「あ~、マルジェラ的な考え方ね」

と言われました。

頭の中は

「?????」

マルジェラがわからなかったので、家に帰って調べてみました。

 

【メゾン・マルタン・マルジェラ】

エルメスのデザイナーを経て、自身の名前のブランドを設立したデザイナー。

マルジェラの服はタグが無いのが目印。

マルジェラが 「服は”ブランド”という価値を取り除いても果たして本当に価値のある服なのか」ということを考え抜いた結果のアプローチから生まれたもの。

当時の氾濫するロゴに対する提言として匿名性を主張するマルタン特有のものなんです。

今、ファッション業界で活躍しているデザイナーで、マルジェラの影響を受けたデザイナーは数知れず。

マルジェラ的ホワイトインテリア

そんなマルジェラのアトリエや本社のインテリアは真っ白。

服という主役を際立たせる為にも、斬新なアイディアを生み出す為にも、インテリアに色は要らなかったのでしょう。

 

マルジェラは洋服だけにとどまらず、ホテルの内装デザインも手掛けています。

ホテルももちろん真っ白。

La Maison Champs Elysées 

現実に向き合う①食品棚

それでは現実の自宅と向き合い、小さい事からホワイト化を始めてみます。

ニトリでホワイトアイテムを物色しました。

ニトリって本当に安いですよね…。

マルジェラ的インテリアを目指す私が、ニトリで買って良いのだろうかと自問自答を繰り返しました。

収納BOX1つ買うだけでも、「自分らしさ」を表現し、「どんな暮らしがしたいか」「何を目的にするか」等を考えました。

自分の中の結論としては「飽きても悔いのない価格帯」「気軽に買い足せて、商品が廃盤にならなそうなショップ」この観点でニトリにしました。

すみません、収納BOX1つに人生観まで引き出してきて悩む人間です。

ここまで悩んで購入出来たのも、以前物をたくさん捨てたからだと思います。あれ以来、簡単に物を買えなくなりました。

ホワイトのファイルボックスをいっぱい買いました。

同じような形で無印良品からも発売されています。

無印良品の方が丈夫らしいです。

ちなみにお値段は

  • ニトリ 399円(税込)
  • 無印良品 690円(税込)

あなたならどっちを買いますか?

戸棚に入れてみました。

…マルジェラには程遠いな。

生活感がだいぶ薄まりましたが、まだまだ生活感を隠しきれていません。

もう少し時間をかけて配置を入れ替えたりしてみようと思います。

現実に向き合う②洗剤ボトル

最近は使う洗剤が決まってきました。

だいたいこの3つです。

色も形もバラバラで、生活感に溢れています。

白い洗剤ボトルを買いました。

このボトルは1個864円(税込み)です。

結構高いですよね。

Before

After

結構スッキリして良かったです♪

この記事の結論

マルジェラ的インテリアを目指すなら、「ブランドにこだわらずに物の本質を見極める」というのが重要かな、と思いました。

まだまだ自分の理想には届きませんが、地道に少しずつ仕上げていこうと思います。

そしてその過程も楽しみたいと思います。

 

マルジェラデザインのホテル

ホテルの素敵すぎる内装に興味がある方はリンクを貼ったので見てみてください。

La Maison Champs Elysées 

 

 

関連記事

【ミニマリストの第一歩】“持たない人”が必ず得をする〈1〉

【ミニマリストの第一歩】“心”を鍛える〈2〉

【ミニマリストの第一歩】散らかる傾向を自己分析してみた〈3〉 

【ミニマリストの第一歩】服を処分してみた〈4〉

【ミニマリストの第一歩】服以外に処分した物たち〈5〉

【ミニマリストの第一歩】スッキリ感を出す為のマルジェラ的ホワイト化計画〈6〉

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る