ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(7)完結

エアコンに頼らずとも快適な家にしたい!そんなあなたに知ってほしい設計上のポイント2

吹き抜け・階段の位置

  • 日差しをたくさん取り込みたいなら…南側に吹き抜け・階段を設ける
  • 風がよく通る家にしたいなら…北面に吹き抜け・階段を設ける

 

吹き抜けの注意点…冬は部屋が暖まりにくくなります。そんな時、床暖房にしたり、シーリングファンで空気を循環させると良いです。

2階の部屋とドアの配置

  • 各部屋のドアを開けて風を通す…子供部屋などのドアは閉めたままにすることも多くなると思いますが、快適を求めると、ドアはできるだけ開ける方が良いのです。その為に一直線上に窓を設け、風の通り道をつくっておきます。
  • 家の中に小窓を造る…ドアを開けっ放しにしたくない場合に有効です。

 

空気がつながれば温度差がなくなり、熱を逃がすことができたり、寒い部屋がなくなります。また、サーキュレーターや扇風機を利用すると、さらに効果が高まります。

 

水周りの窓

  • キッチンは2方向に窓を設ける…煙・湿気・水蒸気を外に出すことができます。
  • お風呂は西側がおすすめ…西日により、自然に温かくなるからです。唯一裸で過ごす場所だから温かさが重要です。

まとめ:昔ながらの日本家屋は優秀だった

昔はエアコンなんて存在もしませんでしたが、夏はそれほど暑くなく、冬の寒さをどうしのぐかを考えられていました。昔ながらの日本家屋は、日本の風土に合っていました。

現在は材料も豊かになり、冬の寒さよりも夏の暑さの方が深刻になってきました。昔ながらの日本家屋の良いところを取り入れつつ、現代の日本に合った「エアコンのいらない快適な暮らし」を手に入れましょう。

RESTでは、皆さまの暮らしが少しでも快適になるよう、応援します!

お家づくりのご相談はお気軽にどうぞ。

 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(1)

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(2) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(3) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(4) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(5) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(6) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(7)完結 ←今ここ

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る