ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会♪お気軽にお問い合わせください。

仕上がりに感動!ガス乾燥機は主婦の願いをカタチにした優れモノだった!

洗濯が楽しくなってきた建築士石丸が本当に欲しいのはこの商品です。

「洗濯」という家事の大変さ

洗濯という家事は結構大変です。

色柄ものや種類によって洗濯物を分ける

洗濯機のコースを選ぶ・洗剤を計量して入れる

洗濯完了後、外に干す

洗濯物を取り込む

洗濯物をたたむ

たくさんの段階があります。

特に洗濯物を干すのが大変だと感じている方が多いです。

〈洗濯物干しの悩み〉

  • 花粉やPM2.5が気になる
  • 紫外線が気になる
  • 天気を気にしないといけない
  • 子供を見ながら干すのが大変
  • 時間が限定される

干すのは大変。それでも衣類乾燥機を使わない理由

衣類乾燥機を使わない方に理由を聞いてみると、こんな意見がありました。

生乾き臭が気になる

電気代がかかる

私自身もつい最近まで、この2点は避けられない問題だと思っていました。

しかしこの2点を解決してくれる主婦の願いをカタチにした製品があったんです。(それも、かなり昔から)

それは、ガス衣類乾燥機「乾太くん」

ポイント①生乾き臭をカット

外干しでも除去しきれないニオイまで取り除いてくれます。

早速外干し最強説が覆されました。

 

ポイント②光熱費が安い!

5kgで約63円。

浴室乾燥機よりも経済的ですね。

 

ポイント③とことん時短

乾太くんなら5kgでたった52分で乾燥できるのです。

朝急にお子様が「今日持って行く体操服が無い」と言い出した時も、笑顔で乾太くんのスイッチを入れる事が出来そう。

 

ポイント④放り込むだけ

干す作業は結構時間を取ると思います。乾太くんは洗濯が完了した洗濯物をそのまま入れるだけだから干す為に広げたりしわを伸ばす手間が無いんです。

乾燥後もフワフワな仕上がりです。

ポイント⑤赤ちゃんがいるご家庭にもオススメ

水洗いしただけでは大腸菌は衣類に付いたままなんです。乾太くんなら大腸菌まで除去出来ます。

洗濯機の乾燥機能vs電気浴室乾燥機vsガス衣類乾燥機 どれを選ぶ?

使用料金の比較(5㎏の場合)

※地域や単価等諸条件により差があります。

ドラム式全自動洗濯乾燥機…約48円

縦型全自動洗濯乾燥機…約86円

電気浴室乾燥機…約134円

ガス衣類乾燥機…約63円

(コインランドリー…約300円)

 

運転時間の比較(5㎏の場合)

ドラム式全自動洗濯乾燥機…2時間

縦型全自動洗濯乾燥機…約2~3時間

電気浴室乾燥機…約3時間

ガス衣類乾燥機…約52分

 

使用料金だけを見るとドラム式全自動洗濯機は安いです。少しでも早く乾かしたい方や仕上がり重視の方なら、断然ガス衣類乾燥機ですね。

実際に使った方の感想

「一日2回以上洗濯するので、洗濯中も乾燥機が使えて便利」

確かに同時に使えるのは便利ですね。

 

「柔軟剤を使わなくてもふんわり仕上がる。」

柔軟剤は肌にあまり良くないという節もあり、健康志向の方は柔軟剤を減らしていこうという考えの方が増えて来ているようです。

 

「使い古したタオルも見違えるぐらいふっくらして感動的!」

タオルは洗濯・乾燥を繰り返す事で劣化していきます。ガス衣類乾燥機を使うと、タオルも長く使えるそうです。

デメリットを(無理やり)考えてみた

仕上がりは最高。安くて除菌もしてくれる。

なんだか乾太くんが無敵のような気がしてきました。

「設置場所があるかどうか」その1点のみ。

新築の際に、ガス衣類乾燥機の場所を作っておくと良いでしょう。

最後に

ガス衣類乾燥機「乾太くん」は、新築の時に取り入れたいアイテムです。

なぜなら新築時の方が安いから。

リフォームでガス衣類乾燥機を設置する事も可能ですが、新築時の方が割引してくれるのです。

また、オール電化(エコキュート+IH)にガス衣類乾燥機を組み合わせる事も可能で、その場合でも四国電力のオール電化割引は適用されますので、ご安心ください。

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る