ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

今、巷でブームのハーバリウムを自宅で作ってみた

最近話題のハーバリウムを何の知識も無いまま作ってみました。

ハーバリウムとは

インスタグラムなどSNSでも大人気になっている ハーバリウム。

瓶の中に専用オイルを入れて、植物などを入れて作ります。

最近では雑貨屋さんや花屋さんで見かける事も多く、プレゼントでもらうと華やかで嬉しいですよね。

ハーバリウムの認定講師の資格などもあるようで、自宅で教室を開いている方もちらほら。

そんな話題のハーバリウムにチャレンジしてみる事にしました。

材料集め

今回私たちが用意したのがこちらです。

材料代は3人いて一人3千円ずつ出しました。(合計9千円)

(一人3本ずつ作り、まだまだ材料が余っています。)

オレンジとシナモンスティックが私の希望。

あとはくすみ系の色を多めに用意しました。

それと、瓶とピンセットも。

全てインターネットサイトで購入しました。便利な時代ですよ。

ハーバリウム作りスタート

ほとんど知識がないまま作り始めました。

ネットで作り方を見ながら。

「最初に植物を入れて、後からオイルを入れる」と書かれている説明が多かったのですが、

そうすると下の方に植物が溜まってしまうので、

最初にオイルを入れる方が作りやすかったです。

口が狭い

ハーバリウムの瓶はなぜか口が狭い物が多く、

オイルを入れる時、こぼれまくります。

タオルを用意しておくのがオススメです。

あと、ピンセットでは瓶の底の方まで届かなかったので、菜箸で底の方の植物の形を整えました。

レモン?みかん?

作業に集中しすぎて材料の1つのオレンジの事をなぜかレモンと呼んでしまう私。

友達はみかんと呼んでいました。

みかんの方がまだ正解です(笑)

 

だんだん会話がなくなる

蟹を食べる時と同じ感じで、作業に集中してしまい、誰も喋らなくなりました。

完成

私が作ったのはこの3つ。

それっぽく見えますが、作った本人としては直したい所だらけです。

しかし直せば直すほど底に沈んでしまうので、もう触らないことにします。

ハーバリウム作りのポイントをまとめる

  • オイルを先に入れる方が作りやすい
  • 菜箸を準備する
  • タオルを準備する
  • 口が広い瓶の方が作りやすい
  • レモンではなくオレンジ

 

 

最後に

教室に行ってみるのも楽しいと思いますが、自分たちで調べながら試行錯誤するのも楽しいなぁと思いました。

今後、テラリウムやキャンドルも作りたいと思っています。

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る