ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

鳥肌が立つほどの衝撃!オキシクリーンで掃除してみた〈キッチンシンク〉

年末の大掃除を少しずつ始めている方も多いと思います。今日はとってもよく落ちる洗剤のお話。

オキシクリーンとは

塩素系じゃないのに、衣類のシミ・汚れを 強力洗浄と消臭できる漂白剤オキシクリーン。

アメリカをはじめ、世界で愛されている洗剤です。 毎日のお洗濯からキッチンのお掃除まで、様々な場面で驚きの洗浄力を発揮してくれます。

 

種類

オキシクリーンはアメリカ製と日本製があり、成分も違います。アメリカ製はモコモコと泡立ち、落ちている感があります。日本製はあまり泡立たないそうです。

 

買えるお店

一番有名なのはコストコ。愛媛県からだと広島のコストコが一番近いです。

なかなか行けない場合はインターネットで買う事が出来ます。

たまにホームセンターやこだわりの強い雑貨屋さんに置いているそうですが、それらは日本製の物が多いです。

使ってみた

友達がコストコでオキシクリーン4.98kgを買ってきてくれました。

お値段は2,000円程。ありがとう~!!!

 

オキシ前

自宅のキッチンを公開します。恥ずかしいです。

このシンク、一見そこまで汚れていない気がしますが、よく見てみると結構汚れています。

全体的にくもっていて、水滴もかなり付きます。

綺麗好きな方の中には、シンクを使い終わったら全て拭き上げる方もいますよね。

私は一か月に一回たまにやる気が出た日に拭くぐらいです。そんな日々で、くすみが蓄積しています。

オキシ漬け

給湯温度はなんと60℃に設定します。オキシクリーンは熱めのお湯を使用する事で、その効果を最大限に発揮するそうです。

 

また、シンクでオキシ漬けをするなら、排水部分のフタが必要です。ホームセンターでシリコン製のフタを買いました。これならしっかりフタの役割をしてくれます。

他にもいろいろな方法を試してみたのですが上手くいかなかったので、このようなフタを買う事をオススメします。

 

 

念願のモコモコあわわ

これがしたかった!

シュワ―と言いながらモッコモコに泡立ってくれます。

蛇口からは約60℃のお湯が出ているので火傷しないように気を付けて。

全く見えませんが、実は焦げ付いたお鍋や真っ白(であるはず)なお皿、布巾などをシンクの中に入れて同時にオキシ漬けしています。

 

ついでに蛇口にもオキシクリーンをふりかけておきました。

漬け終わり

20分以上漬けると良いそうです。

私は2時間漬けました。放置するだけなので、とっても楽です。

なんと!!!

とっても綺麗になっています!!!!

とぅるんとぅるん。

ふりかけておいただけの蛇口も光りだしました。

ついでに入れたお鍋やお皿、布巾もとっても綺麗になりました。特に焦げ付いたお鍋は今まで以上に綺麗になりました。

 

近くで見てみると

オキシクリーンに漬けていない部分は微妙にくすんでいます。

はっきりわかるぐらい、効果があるという事ですね。

水を流してみると

全然水滴が付かないんです。とっても綺麗になりました。

塩素系ではないので、独特のニオイが無いのも良いです。

 

まとめ

オキシクリーンは他にもいろいろな使い方が出来てオススメです。

鳥肌が立つほどの衝撃画像もご紹介予定ですので、お楽しみに。

 

オキシ漬けシリーズ

鳥肌が立つほどの衝撃!オキシクリーンで掃除してみた〈キッチンシンク〉←今ここ

鳥肌が立つほどの衝撃!オキシクリーンで掃除してみた〈洗濯槽〉

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る