ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

プロが教えるインテリア講座「和室のウィンドウトリートメント」

ウィンドウトリートメント=窓の装飾。和室のウィンドウトリートメントの選び方やポイントをご紹介します。

一般的には障子

和室と言えば障子のイメージです。

和室を和室として使用するなら、和の心を忘れない為にもぜひ障子を取り入れていただきたいと思います。

メリット

  • おしゃれ
  • 直射日光を和らげる
  • 洋室にも違和感なく溶け込む(和室と洋室が隣り合っている事が多い為)

デメリット

  • 障子は破れやすい
  • 破れた時の貼り替えが面倒
  • 風を通さない
  • 開けた時に外からの視線を遮断できない

最近では…

強化和紙やプラスチック障子紙等もあり、破れにくくする事も出来ます。

他にもレース障子は、レースカーテンのように風を通しながら目隠しもしてくれて、外の景色も楽しめるという製品があります。

(はがれやすいという意見もあるようで、絶対的なおすすめではありません)

もっと便利なプリーツスクリーン

なかなか解決できない風通しと外からの視線問題。

それを解決した商品がプリーツスクリーンです。

メリット

  • おしゃれ(和のデザインを損なわない)
  • シースルー生地(風を通す部分)と不透明生地(視線を隠す部分)の高さを自由に変える事ができる
  • 生地は破れにくい強化和紙

デメリット

  • 出入りの多い掃き出し窓につけると、上げ下げの動作が面倒
  • メカ物は壊れる事もある

最近では…

和室を客間として使用するだけでなく、「ママと赤ちゃんだけ和室で寝る」「パパだけ和室で寝る」等、様々な使い方をしているようです。寝室として使用するなら遮光タイプの生地を選ぶと良いでしょう。

使い慣れているからこそカーテン

実はカーテンを合わせている方もいらっしゃいます。

メリット

  • 開閉の操作が楽(出入りが多いなら操作性は重要です)
  • レースを組み合わせて外からの視線を遮断しながら風を通せる
  • 遮光生地を選べば落ち着いて眠る事が出来る

デメリット

  • 障子やプリーツスクリーンに比べて“和のデザイン性”は劣る

最近では…

和室用のカーテン生地もあり、和風のデザインを損なわないようにも出来ます。

結局どれを選べば良い?それは和室の使い方次第です。

小さいお子様がいらっしゃるなら障子を使うお家は少ないでしょう。その部屋を寝室として使用する事もあるか、窓から出入りする事があるか等を一度考えてみて、あなたの生活スタイルに合ったウィンドウトリートメントを選んでくださいね。

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る