ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

お父さん、2020年に省エネ基準が義務化されるって知ってた?

この3,4年のうちに建築する人は注意してください!

今までは「改正省エネ?知っているけどウチには関係ない」と言っていた建築会社がたくさんありましたが、今後、避けては通れなくなったのです。2020年以降、断熱効果の無い住宅は建築できなくなります。

 

この3,4年のうちに建築する場合注意が必要です。何も知らず、改正省エネに適合していない家を建てると、適合している家と比べてランニングコスト(住みながらかかる光熱費等)がかかってしまいます。

まずは現在の省エネ基準について

日本の住宅の省エネ基準は1980年に出来ました。その後、1992年、1999年に強化されてきました。1999年に出来たものが「次世代省エネルギー基準」と呼ばれています。

その後2013年に導入されたのが「改正省エネルギー基準」と呼ばれるもので

 

なぜ義務付けされることになったかというと、地球環境の為にエネルギー消費量を減らすことと、光熱費削減のメリットが多いからです。

次世代省エネと改正省エネの違いは?

旧基準の「次世代省エネルギー基準」は、壁や開口部を断熱材で評価するだけのものでした。

新基準の「改正省エネルギー基準」は、一次エネルギー消費量も加えて評価することになりました。

 

一次エネルギー消費量とは…冷暖房・換気・照明・給湯などの性能から消費量を算出するもの

あなたが知っておくべきです。

2020年までに建築するなら、改正省エネルギー基準に適合していないときっと後悔します。

建築会社に任せきりにせず、あなた自身が知り、「省エネルギー基準に適合していますか?」と質問するなどして、後悔のない家づくりをしましょう。

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る