ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

地震に強い家はどんな家?数値化したのが「耐震等級」です。

地震に強い家にしたいと誰もが思います。耐震等級について正しい知識を持ちましょう。

耐震等級って何?

耐震等級について説明する前に、まず「住宅性能表示」について簡単に説明します。

 

住宅性能表示とは

平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づき、 質の良い住宅を安心して取得できるようにすることを目的に開始された制度のことです。いくら「質の良い家」と言っても、どれぐらい質が良いかがわかりにくかったので、この制度ができました。

 

耐震等級は、住宅性能表示の1つ

建物の強さを表す指標として、耐震等級があります。
最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の強さを等級2、建築基準法の1.5倍の強さを等級3として、3段階の耐震等級が設けられています。

耐震等級1,2,3の違いを知る

耐震等級1

数百年に1度発生する地震(震度6強、7)の地震力に対して、倒壊、崩壊せず、震度5強程度なら外壁、内壁に被害が出ない程度の強さ。

※数百年に1度発生する地震とは阪神淡路大震災のこと

※建築基準法と同じ程度の強度を持つ建物のこと

…つまり、壊れないけど傾くことはある、とも受け取れます。

 

耐震等級2

上記の地震力の1.25倍の地震に耐えられる強度

 

耐震等級3

上記の地震力の1.5倍の地震に耐えられる強度

結論:耐震等級3が一番強い

耐震等級3が一番強いのは、ご理解いただけましたか?

耳を疑いたくなりますが、耐震等級4や5を謳っている建築会社があるようです。

そもそも3がMAXで4や5は存在しません。騙されないようにお気をつけください。

 

 

■あわせて読みたい

お父さん必見!家の倒壊の原因を知って防ぎましょう。

 

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る