ブログ詳細 / blog detail

  • 少しずつ涼しくなってきましたね。

ディズニーの「チュロス」を作ったら失敗の連続だった。

「チュロス」作りには絞り袋が重要です。その理由を語ります。

きっかけ「チュロスってどんな味だっけ?」

私は、正直チュロスをあまり食べたことがないです。

ドーナツみたいなものかな?

そこで、YouTubeを見ていたら、

米国ディズニーリゾート公式ブログで作り方を公開していると情報を得たので、

どんなものか試しに「チュロス」を作ってみようと思います。

早速作ってみよう~!

①鍋にお水、バター、塩、シナモンを中火で沸騰させます。
私の家はIHなので気持ち早めに沸騰するように4にしました。
失敗1.ここで私は、勘違いをしてシナモン小さじ1/4を小さじ1杯入れてしまいました。

 

②沸騰したら弱火にし、中力粉を入れます。
(数回に分けて入れた方が混ぜやすいです)

 

③生地がまとまったら火からおろし、5~7分休ませます。

 

 

④待っている間に、粉を作ります。砂糖とシナモンパウダーをまぜるだけです。
(私は分量を量らずに二つを半々くらいで混ぜました)
その後に、揚げたものを冷ますために、お皿にキッチンペーパーを敷いて準備完了です。

 

 

⑤生地を休ませた後、卵を加えてよく混ぜれば、生地は完成。
(私は、卵は溶いて様子を見ながらいれていると、多そうだなと思ったので1/3くらい残しました。)
(どんどんレシピに従わなくなっていってますね。)

⑥生地を絞り袋に入れます。

家に、絞り袋がなかったのでZIPLOCを代用しました。
(そこが、一番の失敗だった・・・。)

 

⑦揚げ油を175℃くらいまで温め、生地を絞り袋で揚げ油の中に絞り落していきます。
長さは長いのも短いのも両方つくりました。(一回目に揚げるときは揚がるのに時間がかかりますが、じっくり揚げることで中までちゃんと火が通ります。)

 

そこで事件発生!!

失敗2.何回か揚げるうちに力を入れすぎてZIPLOCが破けてしまいました。

 

慌てて、お箸で少量ずつ生地を油に落としていきます。

破けたところをセロハンテープで塞ぎました。

 

再挑戦!!

すぐに、

失敗3.違うところから破けました。

 

まだ諦めきれず、

生地を取り出して、ナイロン袋に入れて絞ろうとしたら、

失敗4.袋の先を広く切りすぎて、破けました。

 

三度目でやっと諦め、

お箸で少量ずつ生地を揚げることにしました。

(私には絞り袋が必要だ・・・。)

 

 

 

 

⑧きつね色に揚がったら、キッチンペーパーの上に取り出し、
トッピング用の砂糖とシナモンを絡めたら完成です。

まとめ

だいたいレシピに沿って作ってなんとか、おいしいチュロスを作ることが出来ました。
レシピに従うことって重要ですね。
絞るときは器用じゃないなら絞り袋が必要だと、今回作ってみて思いました。
ぜひ皆さんも
ディズニーの「チュロス」を作ってみてください。

作り方(日本版)

注意点として、

アメリカの分量と日本の分量は異なるらしく、

日本の分量に換算してくれている人のを参考に作ってみます。

 

材料

水    240CC

バター  大さじ8

塩    小さじ1/4

シナモンパウダー 小さじ1/4

中力粉  150g(薄力粉と強力粉半分ずつでも大丈夫です)

卵    3個(実際には2個半位しか使いませんでした。)

トッピング用

砂糖   100g

シナモンパウダー 小さじ1/2

その他・・・ZIPLOCもしくは絞り袋、キッチンペーパー

作り方

①鍋に水、バター、塩、シナモンを入れて中火にかける。

②沸騰したら弱火にし、中力粉を追加します。

③ひとまとまりになったら火から下ろし、5~7分休ませます。

④休ませた後、卵を加えてよく混ぜ、生地を絞り袋に詰めます。

⑤揚げ油を175℃くらいまで温めたら、生地を絞ってお好みの長さで落としていきます。

⑥きつね色に揚がったら、キッチンペーパーの上に取り出し、トッピングを絡めたら完成!!

 

 

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る