ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

【理想の暮らしをただ語るシリーズ】お家キャンプのススメ【1】

今回はお家キャンプが出来る暮らしをオススメしたいと思います。

今日は理想の暮らしをただ語る記事です。

こんにちは。

これからお家づくりをされるお客様にとって参考になる記事を書きたいなぁと常日頃から思い、ブログの記事を書いています。

この「理想の暮らしをただ語るシリーズ」ではいろいろな方面から見た暮らしをご提案しますので、

お客様が

「こんな暮らしをしてみたい!」

「これは自分たちのライフスタイルには合わない」

等、ご家族での話し合いのきっかけになれば良いと思います。

さぁ、始まりま~す!

お家でキャンプが出来たら最高なのでは?

キャンプが出来るお家というのはどうでしょうか。

キャンプ場に行かなくても良いので移動距離0kmですぐに楽しむ事が出来て、

トイレの心配もなく、ストレスフリーな趣味になるかもしれません。

 

 

 

【お家キャンプの嬉しい点】

①外で遊ぶお子様を見守れる 

なぜかお子様は自転車やストライダーが好きですねぇ。

お子様だけで外で遊ぶのは、熱中症の危険や交通上の危険もあります。

家族みんなで見守っていたら安心で、お子様ものびのびと遊べます。

 

②野菜を食べるきっかけになる

非日常は、料理を美味しくしてくれます。

特にキャンプ料理は野菜の美味しさを実感できるのでとってもオススメ!

 

③癒される

普段は意識しない風や緑に意識を向けると、とっても癒されますね。

そして、太陽の光を浴びましょう。

紫外線は怖いけれど、太陽の光を浴びるとビタミンDが生成されます。

人に体には太陽の光が必要なんです。

北欧では冬場に日照不足でうつになる人が増えてしまうほど。

 

④パパが大活躍で威厳を保てる

重いお鍋を持ったり、熱い蓋を開けたり、

何かと男性が活躍する場面があります。

自然と「パパカッコいいー!」モードになるはず。

 

⑤お出かけしないからお金をあまり使わない

楽しいのにお金がかからないのが最高ですね。

 

【お家キャンプの作り方】

(同じ絵ばっかりでごめんなさい)

①フォールディング窓という、折れ戸タイプの窓にすると、広く開口します。

じゃばら式の網戸も付くから安心!

 

②日よけにはキャンプ用品のタープをあえて付けます。張るのが面倒なんですが、かなりキャンプ感が出ます。

もっと手軽にしたい方は、ひさしを最初から付けておくのもアリです。

③外用の机・椅子を購入してももちろん良いのですが、外に出しっぱなしにすると劣化しやすくなります。

キャンプ用品を持っている方はキャンプ用品をその都度出しても良いでしょう。

持ち運びが出来る机・椅子なら、出しっぱなしではないので劣化は気にしなくて良いですし、お掃除の時も軽々動かせるのでとても楽です。

 

埃が無い暮らしをしたいですね。

④鉢植えの植物がオススメです。

もちろん地植えが一番の理想ではありますが、

  • 植物が増えすぎる
  • 木が伸びすぎて管理ができなくなる

という事態を防ぐ事が出来ます。

私の実家も木を植えすぎて本当に困っているのを見て来ました。

多すぎる木は管理が大変なので、ほどよい緑に癒されましょう。

⑤ウッドデッキは、本物の木か人工木(樹脂木)かを選ぶ事が出来ます。

本物の木は味がありとっても素敵ですが劣化もします。(塗装さえすればOK)

管理できそうにない方は、人工木を選びましょう。

人工木の方が少しお値段がUPします。

⑥キャンプ用品のユニフレームは男のロマンです。(私は女だ。私の中におじさんが住んでいるかもしれないけど)

外にキッチンを置く感じです。

外国では、バーベキューは男性の仕事。パパが張り切って豪快に料理してくれます。

なぜかとっても美味しく出来るので、オススメの商品です。

いかがでしたか?

今回は私の理想の暮らしを語ってみました。

まだまだたくさんストックがあるので、少しずつ語りたいと思います♪

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る