ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

  • カテゴリー
  • 書いた人

断熱材が柱を腐らせるって本当!?知っておきたい壁の中のこと

断熱材が壁を腐らせる原因になるのをご存知ですか?予防方法もあわせてご紹介します。

近年の日本の住宅の寿命は短く、25年~30年と言われています。

そうなったのは、壁の中の結露が原因です。

これを内部結露と呼びます。

内部結露とは、普段目に見えない壁の中で結露が発生する現象で、結露が発生しても気づかないことが多く、構造体を腐らせます。

 

湿度の高い環境はシロアリが発生しやすく、建物の強度低下や寿命の低下につながります。

 

また、結露によってカビが繁殖し、胞子となって室内に浮遊することで、アレルギーやアトピーの原因になるといわれています。
よって、内部結露の起こりにくい断熱材を選び、正しく施工することが住宅を長持ちさせる上で非常に重要です。

セルロースファイバーは柱を腐らせない!

RESTでは、調湿性能の高いセルロースファイバーを採用しています。
この「セルロースファイバー」は非常に優れた断熱材なのです。

セルロースファイバーには、新聞紙でできている為、水分の吸放湿性があります。

靴が濡れた時、新聞紙を靴の中に入れた経験はありませんか?
経験のある方は、思い出してみて下さい。

新聞紙を靴の中に入れるとすぐ乾くのです。

 

木質繊維は生きています。

周囲の状態に応じて、水分を吸ったり吐いたりしています。

この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防止するのです。

セルロースファイバーは外気の湿度が高いときには湿気を吸い取り、乾燥しているときは蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、生きている繊維ならではの調湿効果を発揮しますので、部屋の中はいつも快適な湿度に保たれます。

赤ちゃんにも安心の材料を選びましょう

セルロースファイバーは、防虫効果もあり、多くの駆除には大変効果的ですが、その毒性は一般の食卓塩の6倍も安全と評価されています。

セルロースファイバーは、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも、安心してお使いいただけます。

 

「家を建てよう」と考えるとき、一番大事にしていただきたいのが、ご家族の安全。

RESTでは長持ちして健康に暮らせる家だけを建築しています。

 

■あわせて読みたい

「セルロースファイバー」は断熱材の優等生だった!

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る