ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

  • カテゴリー
    素材
  • 書いた人

グラスウールは使用しません。

一般的に使用される事の多い断熱材「グラスウール」。当社は使用しません。

グラスウールの特徴

価格が安く、施工が簡単という理由で、日本の住宅の多くで採用されているのがグラスウールです。現在、日本の住宅に使用する断熱材はグラスウールが7割を占めています。

グラスウールの化学成分

・グラスウールの原料となるガラス繊維が90%以上

・フェノール樹脂系結合剤(バインダー)が10%以内

 

グラスウールのメリット

・安い

・施工が簡単

 

グラスウールのデメリット

・グラスウールは水を吸収しやすく調湿効果が低い。

・壁内に結露が発生し、グラスウールが結露を吸収しやすい

グラスウールを使用しない理由

カビはアトピーやアレルギー、喘息の原因にもなります。

住まいを快適にするにはカビを減らす事が重要なのです。

 

RESTはこれまでにたくさんのリフォーム工事を請け負ってきましたが、住宅の解体現場を見ると、内部結露でグラスウールが真っ黒にカビてしまっている現象を数多く見てきました。

グラスウールはその90%以上が、ガラス繊維でできています。

ガラスのコップに冷たい水を注いだ時を思い浮かべてください。結露が起こりやすいのが創造できますね。

結露が発生することで、カビが非常に発生しやすくなり、不健康な住宅になってしまいます。

また、結露により柱が腐ってしまいます。日本の住宅の寿命が25年と言われているのは、断熱材に力を入れていないからとも言えます。

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る