建築実例詳細 / works detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム

60年経っても住み続けたいと思うのはそれだけ愛着があるから。

何度もリフォームをしながら、大切に住まわれていました。

 

リフォームのご要望は大きく分けて3つでした。

1.洗面所の床が抜けそうになっている。(3年前にリフォームしたばかり)

2.寝室の内装を変えたい。

3.4帖と3帖の部屋を繋げて1つの部屋にしたい。

1.洗面所の床が抜けそうになっている。

何よりも気になっていたのが洗面所の床だったそうです。カビが生えていて、下地が緩くなっていました。

浴室から水が伝わっているようだったので、お風呂もユニットバスに変えて、完全な防水をすることにしました。

洗面所

下地ごと直し、クッションフロアを貼り替え、清潔なイメージに変わりました。

洗面所の壁を一部解体した為、壁は漆喰で補修しました。漆喰は湿度を調整してくれるのでカビが生えにくく、オススメの材料です。

浴室

お風呂は元々目地のお手入れが大変だったそうです。

天井も3年前に塗ったばかりとの事ですが、カビが生えてしまっていました。

ユニットバスに変えると、スッキリ清潔な印象に変わりますね。

今回、保温効果の高いユニットバスを選びました。

オーナー様は「お風呂に入るときに温かくなった」とおっしゃっていました。

2.寝室の内装を変えたい。

元々、布クロスを貼っていました。この布クロスは約30年経っていたそうで、あらゆる場所が剥がれたり破れたりしていました。

寝室はあまりお客様が来る事がない場所で優先順位は低くなりがちですが、一日の三分の一を過ごす場所だからこそ快適にしていただきたいと思いました。

人は一日に食事量の10倍もの空気を体内に取り込みます。

接着剤を使用しない漆喰の壁と無垢の床で、快適な空間に仕上げました。

リフォーム後、よく眠れるようになったそうです。

3.4帖と3帖の部屋を繋げて1つの部屋にしたい。

4帖と3帖の部屋が隣同士にあり、使い勝手が悪かったそうです。

間仕切り壁を撤去して、床と天井をフラットにしました。

床は無垢、天井は漆喰を塗りました。

ブログもぜひご覧ください。(全5回)

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム(1) 

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム(2)

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム(3)

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム(4)

築60年の鉄筋コンクリート造の家をリフォーム(5) 

お客様の声

ただいま準備中です

一番上へ戻る

一番上へ戻る