ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会♪お気軽にお問い合わせください。

【金沢】金箔とのどぐろの建築女子旅に行って来ました【1】

建築女子が集まり金沢に行ってきました。素敵な旅になりましたよ。

私「建築女子と一緒に旅したい」

【このブログの登場人物】

  • 石川ちゃん
  • 宮崎ちゃん
  • 北海道ちゃん
  • 私(愛媛)

 

2.30人ほど集まる建築士向けの勉強会に何回か参加してきました。

その勉強会がきっかけで、県外の女性建築士友達が出来ました。

北海道・石川・宮崎そして愛媛と、4人とも住む所がバラバラです。

4人で話していて、それぞれの場所で建築旅をしたいよねと言う話になりました。

そして第一回目の建築旅が石川県金沢市になったのです。

 

愛媛からの交通手段は陸路

私は陸路を選び、電車(しおかぜ)と新幹線を乗り継いで、約6時間かけて現地に到着しました。

他のメンバーは飛行機で行ってました。

初めての石川県。

石川ちゃんが観るべきポイントを選んでくれていました。

それでは一つずつご紹介していきましょう。

金沢イラスト

女性建築士が金沢に集まったー!

正午ごろ全員集合しました。

2ヵ月ぶりに集まりましたがみんながほぼ同じ髪型でした。

  • 最近ショートヘアが流行していること
  • 仕事が忙しく帰宅時間が遅い為、髪を乾かす時間がもったいないこと

が理由として考えられます(笑)

女性建築家っぽいポーズでパシャリ。

 

ところでこのオブジェも有名な物なんです。

「鼓門(つづみもん)」といい、伝統芸能の鼓をモチーフにしているそうです。

奥には「もてなしドーム」というガラス天井がドーム型になっています。

名前の通り、もてなされているなぁと感じました。

昼食はお寿司

石川ちゃんオススメの金沢まいもん寿司に行きました。

一口食べた瞬間、「ここに来て良かった」と思いました。

人生初ののどぐろも食べました。

のどぐろとはアカムツの事で、高級魚とされています。

なんとなく硬そうなイメージがありましたが、柔らかく美味しかったです♪

 

ここのお寿司は本当にオススメです!

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館

谷口吉郎氏は世界で活躍していた建築家。

その息子さんの吉生氏が設計したこの記念館。

ちなみにここ、谷口吉郎氏が住んでいた場所なんです。

とっても広いです。

展示物以外なら建物の写真を撮ってもよく、ありがたいです。

やっぱり「建築館」だけありますね。

窓の外の景色が良い!

 

ここ最近の建築勉強会で私が学んだことは建築家は「建物」を作っているんだけど、同時に「外とどう繋がるか」を考えているという事。

やっぱりどれだけ家が好きでも、外があってこそで。

雲の動きや木や水面の揺らぎがあると、自然と見てしまいます。

家の中の壁を見るより、リラックスできそうですよね。

 

窓の外の、どの部分の風景を切り取るかが大事です。

外に良い風景が無いなら、そこに元々自然があったかのように造ったりする事もあります。

と、学んだ事を思い出しながら見学しました。

迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」を再現したエリアがありました。

とっても広く、47帖の畳敷きなんですよ。

たくさんのVIPをお迎えしている、本物の迎賓館にも行ってみたいなぁと思いました。

こちらは先ほどの「游心亭」の茶室を再現したエリア。

本物をネットで検索したら、そのまんまでした。

外観を見た時、結構コンパクトなサイズなのかな?と思いましたが、中に入ると広く感じました。

場所によっていろいろな表情を見せているからかと。

建築女子の一人北海道ちゃんの趣味は美術館めぐり。

美術館が好きな女子と美術館を見学出来て良かったです。

(建築館だけど)

鈴木大拙館(すずきだいせつかん)

鈴木大拙氏は仏教哲学者で、「禅」を世界に広めた人です。

宗教については、まだまだわからない事だらけです。

「すずきだいせつ」という絵本が置いてあり、それを読んでやっと少し理解できたかなと。

暗い中に、一筋の光。

とても良いですね。

手すりについて話し合う建築家たち。

彼女たちと話していると、自分を見ているようでした。

年齢も境遇も似ているからでしょうか。

自分を客観的に見て思ったのは、もっとシンプルで良いかなという事。

 

建築業界に居れば居るほど、たくさんの知識が付きます。

やる前にまず、それをするとどうなるか、経年変化は?耐久性は?金額は?

と必要なんだけど、余計な事がどんどん浮かんできます。

もっと純粋な気持ちで

「良いと思う物は良いし、やってみたい事はやってみる」

で良いんじゃないかと思いました。

外の景色の切り取り方がセクシーです。

(建築家はオシャレの事を『セクシー』という)

窓の外を眺める為だけの椅子。

外観を眺めながらパシャリ。

オシャレな切り取り

個人的に好きだったのが、外観を眺めていて気づいたのは、外観を見たり撮影したりできる、人一人分の可愛いスペース。

 

私たちも、その可愛いスペースで記念撮影。

絶対人を押してはいけない場所(笑)

※浅いから濡れるだけですが。

続きます!

少しだけでもお分かりいただけたと思いますが、金沢はデザインの街でした。

新幹線が通り観光客が増えたそうです。

行きたくなる街がそこにはあると思いました。

金沢旅は、全3回でお話しようと思います♪お楽しみに!

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る