ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

マリメッコのデザイナー「石本藤雄展」に行って創作意欲が湧いた件

石本氏の生き方を知り、自分の人生を見つめ直し、創作意欲が湧きました。

「石本藤雄展」がアツい

砥部町が生んだアーティスト

マリメッコのデザイナー、石本藤雄氏の展示会に行って来ました。

石本氏はマリメッコでテキスタイル(布)の柄を中心にデザインされていました。

その後、砥部町出身という事もあり、陶器作品を作る事が多くなったそうです。

愛媛県出身の方が、マリメッコのデザイナーをしていたという事自体がとても誇らしいです。

実際にデザインしたテキスタイルや原画等が展示されていました。

 

撮影可能エリアにて

こちらは撮影可能エリアの写真。

大きく書かれた書とともに陶器で出来た冬瓜を展示しています。

様々な色の釉薬に染められた冬瓜は、コロンと転がっていたり、ツンと立っていたり。

こんなありふれた一言でお伝えするのはもったいないんですが、

可愛い。

こちらはオオイヌノフグリをモチーフとして作られた陶器の作品。

この分厚さと色味、何とも言えない味があります。

 

感想を少し。

人生観を考える

今回、有名なマリメッコの作品を観て「北欧デザイン」を改めて勉強にできれば良いなと思って行きました。

マリメッコらしい色づかいでふわふわした気持ちになりました。

石本氏は世界を旅して周って、デンマークで「マリメッコが好きだなぁ」と感じ、マリメッコのデザイナーになる為、すぐ北欧に飛んだそうです。

その勇気が素晴らしいです。

いろいろな生き方があると思います。

世界で活躍するのも素敵。

日本で活躍するのも素敵。

「私らしい生き方」をこれからも模索したいと思いました。

 

それぞれの創作意欲が湧いてくる

私石丸は、お客様にカーテンを販売しているので、オリジナルのカーテンを作りたい欲が沸々と湧いてきました。住宅の仕事が忙しいのでなかなか踏み出せずにいたのですが、そろそろ動き出そうかな…と。

 

後輩の緒方は、実は趣味で陶芸をしています。(学生時代は表彰された事もあるそう)

陶芸で、今後作りたい作品のイメージが湧いたそうですよ。「作品を売って」と頼んでいるので、いつか売ってくれるそうです。

石本藤雄展について

チラシ

場所:愛媛県美術館

期間:2018年10月27日~12月26日

 

石本藤雄氏を知るなら、このページがとてもオススメ。(外部リンク)

北欧と日本、布と陶——。 フィンランドが誇るデザイナー、石本藤雄さんのこれまでとこれから。

 

私(石丸)のヨーロッパ日記も、また見直してみてください♪

私のヨーロッパ日記 フィンランド編

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る