ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(5)

エアコンに頼らずとも快適な家にしたい!そんなあなたに知ってほしい「エアコン」のこと。

あなたがエアコンを使いたくない理由は節約したいからですか?それともエアコンの風が嫌いだからですか?

たまには使うかもしれないという方の為に、正しいエアコンの知識をお伝えします。

 

エアコンの仕組み

家の中にある本体(室内機)と、家の外に置かれた室外機が、パイプでつながれていますね。このパイプの中には、「冷媒(れいばい)」とよばれる物質が入っています。

冷媒の役割は、空気の中にある「熱」を運ぶこと。 冷房時には部屋の熱を外に、暖房時には外の熱を部屋に移動させます。

 

 

エアコンを正しく使う

電源の入切はこまめにしないで節電!

エアコンは運転を開始するときに多くの電力を使います。
十分冷えたと思って電源を切っても、またすぐに電源を入れてしまうことになるくらいなら、温度設定や風量を調節して電源を切らないようにした方が省エネです。こまめに電源スイッチを入り切りするのは電力の無駄使いにつながります。

 

温度設定をこまめに変えて節電!

夏は設定を1度上げると、冬は設定を1度下げると、夏冬それぞれ約10%の熱源エネルギーを削減できると言われています。電気代も約10%の節電です。
夏の冷やしすぎ、冬の温めすぎは電力の消耗につながります。

冷房は28度より下げないように、暖房は20度より上げないようするのが原則です。そのうえでさらに体感温度に併せて常に無駄のない設定温度に切り替えましょう。

 

除湿運転はエコじゃない

エアコンを運転するときに気をつけたいのが「除湿運転」。

節約できそうに思いますが、実は落とし穴でした。

除湿運転は室温をそのままに湿度だけを下げます。その方法は、エアコン内部に結露を発生させ、室内の水蒸気を排出しています。

最近のエアコンは、湿度を下げながら、ヒーターを使って冷えた空気を温めているのです。その為、一度にエアコンに負担がかかってしまい、電気代がよりかかります。

エアコンを節約しながら使いたいなら、除湿ではなく冷房

 

温度設定をこまめに変えて節電!

夏は設定を1度上げると、冬は設定を1度下げると、夏冬それぞれ約10%の熱源エネルギーを削減できると言われています。電気代も約10%の節電です。
夏の冷やしすぎ、冬の温めすぎは電力の消耗につながります。

冷房は28度より下げないように、暖房は20度より上げないようするのが原則です。そのうえでさらに体感温度に併せて常に無駄のない設定温度に切り替えましょう。

 

電源の入切はこまめにしないで節電!

エアコンは運転を開始するときに多くの電力を使います。
十分冷えたと思って電源を切っても、またすぐに電源を入れてしまうことになるくらいなら、温度設定や風量を調節して電源を切らないようにした方が省エネです。こまめに電源スイッチを入り切りするのは電力の無駄使いにつながります。

風向きを調節して節電!

冷房時の風向きは水平にします。
冷たい空気は下にたまるので、風向きを水平にすることで冷たい空気が全体にいきわたりやすくなり、ムラなくお部屋を冷やすことができます。

暖房時の風向きは下向きにします。
あたたかい空気は上にたまるので、風向きを下向きにすることであたたかい空気が全体にいきわたりやすくなり、ムラなくお部屋を暖めることができます。

 

エアコンの無い生活

本当に快適なお家であれば、エアコンは必要ありません。

自然の通風+扇風機で充分夏を過ごすことが出来ます。

実際にRESTが建築したお家でも、エアコンを家中どこにもつけていないお家もあります。

エアコンの風が嫌いな方、電気代を節約したい方、ぜひお気軽にRESTにご相談ください。

 

 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(1)

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(2) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(3) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(4) 

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(5) ←今ここ

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(6)

お父さん必見!エアコンのいらない快適な家を造る為に(7)完結

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る