ブログ詳細 / blog detail

  • 毎週土日は家づくり相談会を開催しております。【予約制】

ズボラ女子の挑戦〈ブッシュドノエルを作ってみた〉

ズボラ女子として生きてきた。けれどもクリエイティブな気分の日だってある。

クリスマス前の、少しクリエイティブな気分のある日、ブッシュドノエルを作ることを思い立ちました。

 

(注:この写真はお手本です)

ブッシュドノエルって何?

ブッシュドノエル。

正確には「ビュッシュ・ド・ノエル」。

正確な発音をするには口内炎が痛すぎる為、今日はブッシュドノエルと言います。

ブッシュドノエルはフランス語で、「ブッシュ」は木・丸太、「ノエル」はクリスマスという意味。つまり「クリスマスの丸太」ということでしょう。

ロールケーキの表面をココアクリームでコーティングして、そこにフォークで樹皮のような模様を描きます。

デコレーションの方法は自由度が高く、比較的簡単に挑戦できる家庭用ケーキです。

 

ところで、クリスマスになぜ丸太(薪)なのかというのは諸説あるそうですが、調べていて私が一番気に入った説をご紹介します。

〈なぜ丸太(薪)の形なのか〉

貧しい青年が恋人へクリスマスプレゼントを買うことができず、温かく過ごしてもらいたい為に薪を送ったというエピソードから作られたという説があります。

 

ブッシュドノエル作りのスタート!

プロの友達にポイントを教えてもらいながら作りました。

 

1.緑か赤の服を着る。

クリスマスらしい服を着ることで、気分が高まります。どれだけ探しても赤い服を見つけることが出来ず、緑の服にしました。

 

2.ロールケーキの生地を作る。

オーブンの天板を使ってロールケーキの生地を作ります。

端のほうまで丁寧に均等な厚みになるようにします。

天板に凹凸があると綺麗な生地が出来ないので要注意。

 

3.生地が焼けたら出来るだけ冷ます。

しっかり冷ますと、この後クリームを塗っても溶けにくくなります。

 

4.生地の上にクリームを塗る。

綺麗に均等になるように。端の方までしっかり塗ります。

 

5.巻いていく。

理想は「の」の字になるように。

私はバナナを入れたので、「の」にはなりませんでした。バナナを入れるなら、まっすぐな部分を使います。

巻く時のポイント

・ためらわず、一気に巻く。

・中に隙間ができないようにする。

 

6.外側にココアクリームを塗る。

ずっといじっていたらいつか綺麗な表面が出来ます。

温かい部屋だとクリームが溶けてしまうので要注意。

(注:私は10分ぐらいいじっていました)

手前側はとても難しいけど、利き手で塗るそうです。

右の写真のように手の向きを変えるのが良いそうです。

7.端の5分の1を切り、上に乗せる。

ほぼ完成です。

今回はフォークの線ではなく、パレットナイフ(ケーキにクリームを塗る道具)で樹皮のような模様を作りました。

8.デコレーションは子供たちにお任せ

子供たち、嬉しそうにイチゴやサンタを思い思いに配置していました。

たったこれだけのことでも、「一緒に作った」と思ってくれるのではないでしょうか。

完成。

時間が足りず、生地を冷やしきることが出来ませんでしたが、とっても美味しいブッシュドノエルが出来上がりました。

 

結論:ズボラ女子でも出来る

ケーキ作りは材料費がかかるから、「絶対に失敗したくない」と思いますよね。

でも今回作ってみて、よっぽどのことがないと失敗はしないんだとわかりました。

そして、シンプルなケーキほど失敗が目立ちますが、このケーキはいくらでもごまかせるというのがわかりました。

皆さんもぜひ挑戦してみてください。

 

メリークリスマス!

人気の記事(過去30日間) / Top 5

年月 / Yearly & Monthly

インスタグラム / Instagram

一番上へ戻る

一番上へ戻る